【テスラ】モデル3乗りは注意!モデル3のアンダーカバーは砂が溜まりやすい?

【テスラ】モデル3乗りは注意!モデル3のアンダーカバーは砂が溜まりやすい?

こんにちは!トシです。

テスラのモデル3は空力性能を向上させるため床下フロアに「アンダーカバー」を多用してフラットにしています。

今回はこの「アンダーカバー」ならではの問題についてご紹介します。

モデル3の床下は超フラット!

http://www.automotivetestdrivers.com/m_rcfzror5e/

空気や水、流れるものすべてに当てはまることですが、流れる面に凹凸が無く滑らかでフラットな状態ほどよく流れます。モデル3の床下はたくさんのアンダーカバーと巨大なバッテリーによって「超フラット」な状態が作られています。

いかにクルマが流線型で空気をうまく逃がしそうな形をしていても、床下がフラットじゃないと空力性能は良くありません。

床下のフラット化は「グランドエフェクト」の効果を高めるので、どんな自動車メーカーも積極的に取り組んでいます。

グランドエフェクトとは?

床下がフラットなほど、また車体と地面との距離が近いほど車体下部の空気が勢いよく流れ、負圧が発生し車体を地面に吸い寄せる力が掛かります。良く聞く「ダウンフォース」とは力の種類が異なります。

これをグランドエフェクトと言い、高速走行などは確実に体感できるレベルで車体が安定します。また、電費性能も大きく向上します。

モデル3のアンダーカバーには砂やチリが溜まりやすい!

アンダーカバーは空力性能アップに欠かせない部品ですが、タイヤが巻き上げた砂やチリがちょっとずつ蓄積し、知らぬ間にとんでもない量の砂が溜まります。

モデル3のアンダーカバーは砂やチリの排出性がイマイチで、他のクルマより溜まりやすい構造をしています。動画では約8㎏もの砂がアンダーカバー上に溜まっており、外すのも一苦労です。

距離や地域によりますが、2年ほどの走行でこれだけの砂が溜まっているのは驚きです。大量の砂と一緒にドライブしてることになります。

特にリアのアンダーカバーに溜まりやすい!

前輪や後輪が巻き上げた砂やチリが風に乗って後方へと流れます。その砂達がちょうどリアモーターからリアのバンパー下までを塞いでいるアンダーカバーの上に落ち着きます。

モデル3のアンダーカバーは砂が溜まる内側にカバー自体の剛性確保のため、画像のような大量の「リブ」が立っております。(テトラポッドみたいなやつ)

このリブに砂が引っ掛かりどんどん蓄積していくようになっています。本来なら排出用の小さな穴が複数空いているのですが、モデル3は空力を意識しすぎたようで、排出用の穴が空いておりません。

定期的な掃除を!

https://electrek.co/2019/03/05/tesla-model-3-design-flaw-underbody/

砂が溜まりやすいので、年間走行距離の多い方や海岸など砂浜が近い方、山や田んぼなどの道をよく走行する方は定期的に掃除をしましょう!

アンダーカバーとバンパーを止めているクリップを外し、隙間を作って水を勢いよくかけて洗浄します。クリップはマイナスドライバーなどで簡単に外せます。モーターなどに水がかかっても全然大丈夫なので、遠慮なくバシャバシかけてください!

すると横の隙間から汚い水が出てくるので、きれいな水に変わったら掃除完了です。

放置すると・・・?

http://www.automotivetestdrivers.com/m_rcfzror5e/

どんどん砂が溜まってアンダーカバーが垂れ下がっていきます。すると風の影響を受けて破損や割れたり、最悪の場合リアバンパーごとさらっていくなんてことも・・・

https://www.reddit.com/r/teslamotors/comments/9xhn2v/update_slush_buildup_in_undercarriage_has_anyone/

降雪地域の方は特に注意が必要です。水を含んだ雪はかなり重いので、すぐやられてしまうかも?雪にアンダーカバーを擦るような走行は避けましょう。

まとめ

空力性能が高いがゆえの持病みたいなものです。案外水たまりを走行するだけで多少はきれいになってしまうかもしれません。
気になる方は半年~1年くらいで掃除してみてください。汚れ具合で問題なければ放置しても大丈夫です。
砂を乗せた状態で走ってたら少し重くなって、ちょっとだけ電費が悪くなってしまうなんてことも?あるかもです。