【テスラ】 購入目的別モデルのオススメ!

【テスラ】 購入目的別モデルのオススメ!

こんにちは!トシです。

今回は「テスラに乗りたいけどどれがオススメかわからない!」「乗りたいけど金銭的に難しい」「どのモデルを買えば正解?」などテスラを購入したいけど悩んで踏みとどまっている方に、モデル別のオススメを紹介したいと思います。

モデル別スペック表

比較表 モデルS
グレード スタンダード ロングレンジ パフォーマンス
車両価格 897万~ 1,017万~ 1,258万~
全長×全幅×全高 4979×1950×1445
車両重量 2163㎏ 2215㎏ 2241㎏
バッテリー容量 75kwh 100kwh
航続距離(WLTP値) 450㎞ 610㎞ 590㎞
モーター最大出力 494ps 581ps 790ps
モーター最大トルク 611N.m 625N.m 914N.m
0-100㎞加速 4.2秒 3.8秒 2.6秒
駆動方式 AWD
比較表 モデルX
グレード スタンダード ロングレンジ パフォーマンス
車両価格 972万~ 1,091万~ 1,324万~
全長×全幅×全高 5037×2070×1680
車両重量 2407㎏ 2459㎏ 2509㎏
バッテリー容量 75kwh 100kwh
航続距離(WLTP値) 375㎞ 505㎞ 485㎞
モーター最大出力 494ps 581ps 790ps
モーター最大トルク 611N.m 625N.m 914N.m
0-100㎞加速 4.8秒 4.6秒 2.9秒
駆動方式 AWD
比較表 モデル3
グレード スタンダード+ パフォーマンス
車両価格 511万~ 655万~
全長×全幅×全高 4694×1840×1440
車両重量 1611㎏ 1847㎏
バッテリー容量 50kwh 75kwh
航続距離(WLTP値) 409㎞ 530㎞
モーター最大出力 262ps 479ps
モーター最大トルク 525N.m 636N.m
0-100㎞加速 5.6秒 3.4秒
駆動方式 RWD AWD

※全モデルにFSDオプションを含んでいません。完全自動運転対応機能であるFSDは+75万円です。

※パフォーマンスモデルの車両価格は「ルーディクラス」や「パフォーマンスアップグレード」を含む価格です。

モデルS

https://www.tesla.com/jp/models

モデルSは2014年から販売が開始されテスラの中でも一番製造年数が長く、クルマとしての作りこみ・品質・完成度が一番高いモデルです。(米国は2012年よ販売)

5人乗りのハッチバックセダンでスタイリングもモデル中1番かっこいいとされています。

ほかのモデルには無い機能として、

  • スマートドアハンドル
  • 0-100km加速2.6秒という量産車最速の加速力
  • ロングレンジの航続距離610kmというEVの中で最長航続距離
  • cd値0.23という量産車トップの空力性能(モデル3もcd値0.23)
  • モデルの中で一番車高が低く、トレッド・ホイールベースも長いので走行安定性が高い

などがあります。

モデルSはモデル3の上級モデルにあたるので、エアサスやパワーリアゲートなど様々な機能装備がこれでもか!ってくらいあります。

その差は200万円!テスラのモデルSにあってモデル3に無いもの

モデルSの加速力には何者も敵わない

パフォーマンスのルーディクラスにはさらに上の設定があり、「ルーディクラス+」というモードがあります。これはバッテリーの制限を解除してバッテリーとモーターの持てる最大のポテンシャルを発揮します。

この時の加速は0-60mph(0-96km)を2.28秒というとんでもない加速をします。ガソリン車最高峰であるブガッティシロン、車両価格3億円の1500psもあるモンスターカーでも0-60mphは2.3秒です。いかにモデルSが速いかがわかります。

どんな人にオススメ?

モデルSを購入するなら以下の項目に該当する人にオススメです。

  1. スタイリッシュでかっこいいモデルがいい
  2. 最長の航続距離が欲しい
  3. 最速の加速力が欲しい
  4. 高速道路を頻繁に走行する
  5. 5人以上乗せることがない
  6. お金に余裕がある
  7. 最先端テクノロジーと豪華機能が欲しい
  8. スポーティな走行をしたい

モデルSは高いクルマです。資金の余裕が大前提になりそうですが、全くお金持ちではない私も買えました。購入当初は預金がほとんど飛びヒーヒー!言ってましたが、買ってしまえばなんのそのです。維持費・ランニングコストは恐ろしく安いので買った後のことはそこまで気にしなくても大丈夫です。

モデルX

https://www.tesla.com/jp/modelx

https://www.tesla.com/jp/modelx

モデルXはテスラのSUVモデルです。シートのオプション次第で5人・6人・7人乗りが選べます。エアサスやパワーリアゲートなどの豪華装備はモデルSと同じですが、モデルXにしかない装備がたくさんあります。

ファルコンウィングドア

https://www.tesla.com/jp/modelx

モデルXと言ったらこれ!というのがファルコンウィングドアです。リアの両サイドが上方に開き、開いた様が「鷹が羽ばたいているかのよう」に見えることからファルコンウィングドアと呼ばれています。

横の隙間がかなり狭くても開閉可能で、ドアにセンサーが内臓されているので天井や横のクルマや壁に当たる前に自動で止まります。乗り降りもしやすく赤ちゃんをチャイルドシートに乗せるときなどは最高でしょう。

ただこのファルコンウィングドアは非常に目立つので男受けはいいですが、女性からすると「目立つからイヤ」と毛嫌いされています。子供にも大人気です。

ファルコンウィングドアを使ったモデルXのダンス機能も備わっています。

パノラマミックフロンドガラス

モデルXは世界最大のフロントガラスを装備しています。運転手の頭上までガラスが伸びているので、この解放感と清々しさには圧倒されます。後席から見たときの視界の広さも良好で、後席も一緒に楽しめるパノラマミックです。

ルームミラーから上の部分は赤外線をカットする効果があり、車内の温度上昇を抑えエアコンの過剰稼働を防ぎます。

オートスマートドア

モデルXはフロントにオートスマートドアが装備されています。ドアノブをプッシュすると自動で開き、ブレーキペダルを踏むと自動で閉まります。車内から出るときも車内のドアノブを引くと自動でドアが開き、降りたらドアを軽く閉める方向に動かすと自動で閉まります。

キーフォブを持って近づくと自動でドアが開く設定もできます。

抜群の収納能力

https://www.tesla.com/jp/modelx

モデルXの後席を倒した時の積載能力はモデルトップです。フルフラットになることもあり、車中泊にはもってこいの性能です。

フランクの収納容量もモデル中最大でモデル3の1.5~2倍ほどの収納能力です。

どんな人にオススメ?

モデルXはテスラで一番最先端テクノロジーが体感できるクルマです。むしろクルマというよりタイヤのついたハイテクマシンです。一番テスラを感じることができるのがモデルXです。

  1. テスラの最先端テクノロジーをより多くほしい
  2. オートスマートドアやファルコンウィングドアにあこがれる
  3. 6人以上乗るタイミングがある
  4. 子供や家庭を気にする方
  5. 荷物をたくさん積みたい方
  6. お金に余裕がある

モデルXはモデルSより高いですが、維持費やランニングコストは変わらず格安です。航続距離は他のモデルより短いですが、スタンダードでも十分すぎる航続距離です。それでも0-100加速は4.8秒とハイパワースポーツカーレベルなので、走りも楽しむことができます。

モデル3

モデル3は5人乗りのセダンでテスラの中では一番お手頃価格なモデルです。モデルSの半分ほどの価格のため豪華装備は少ないものの、オートパイロットやセントリーモードなど最先端テクノロジーは標準装備なコストパフォーマンス最強モデルです。

モデルSと同じくcd値0.23という量産車トップの空力性能と、航続距離は最大530kmとEVとしての性能は圧倒的です。

500万でテスラを十分堪能できる

出典:https://www.teslarati.com/tesla-model-3-35k-standard-dual-motor-awd-upgrade/

一番低価格のスタンダードレンジ+でもテスラの最先端テクノロジーは盛りだくさんです。基本的にLEDヘッドランプやガラスルーフは標準装備なのでパフォーマンスにも見劣りしないスタイリングをしています。

現在販売されているモデルで唯一の後輪駆動なので、ハンドリングや軽量車体などスタンダードレンジ+でしか味わえない楽しさもあります。

維持費・ランニングコストはテスラの中でも一番安く、購入後の出費も抑えられます。安くEVという乗り物を堪能するのにはもってこいのモデルです。

世界のクルマの中で随一のコスパ:パフォーマンスモデル

モデル3のパフォーマンスモデルは世の中のクルマで一番コストパフォーマンスの良いクルマです。

700万円ほどで0-100km加速3.4秒、航続距離530kmもあり20インチホイールや最先端テクノロジーなどコスパで敵うクルマはこの世にないでしょう。

テスラ モデル3は超格安!国産スポーツカー6種と比較!

サーキットもバンバン走行できてしまうバッテリーマネジメントシステムとトラックモードはモデル3パフォーマンスの特権です。非の打ちどころがないクルマです。

どんな人にオススメ?

モデル3は世の中のすべての人にオススメします。

モデル3を買えば間違いなしです。維持費が安く5人も乗り荷物も大量に載るなんでもこなすオールラウンダーです。

  1. 運転が好きな人
  2. 運転が嫌いな人
  3. 少しでも費用を抑えたい人
  4. 圧倒的コストパフォーマンスを味わいたい人
  5. サーキットを走りたい人
  6. 安くテスラを感じたい人
  7. 全ての人

モデルSモデルXより充電スピードが速いので、急速充電をあまり待ちたくない人にもお勧めです。

モデルSオーナーが進めるモデルは?

モデルSに乗っている私がオススメするモデルは3つです。それは、

モデルX スタンダード

モデル3 スタンダードレンジ+

モデル3 パフォーマンス

です。モデルSオーナーがモデルSをオススメしてません(笑)。モデル3が良すぎてモデルSの良さが薄れてしまっています。モデル3のコスパとスペック・テクノロジーは他社のクルマに大きく差をつけ、モデルSすら食らう勢いです。

現に本国アメリカではモデル3がバカ売れしています。テスラの本拠地であるシリコンバレーはモデル3がうじゃうじゃいるようです。

また、モデルXは他社にはない機能と装備ばかりなので、よりテスラを味わうには最高にオススメです。

モデルSはオジサマに人気なので個人の趣向の差が出ると思います。

まとめ

正直モデル3を買っておけば間違いありません。テスラは補助金や減税処置が満額受けれるので買わない手はないです。

テスラは買ってしまえばあとは乗るだけ!寝てる間に充電すれば格安で走り回れる楽しいクルマです。ランニングコストを気にしなくていいというのはすごいアドバンテージです。

価格を気にしている方は、現在お乗りのガソリン車にかかっているガソリン代や維持費をローンや頭金に回せば意外と乗れちゃいます。購入した後が格安なので車両価格のハードルは想像以上に低いです!

テスラを購入予定の方は、私の紹介コードを使用するとスーパーチャージャー1,500km分の無料特典がもらえます!

紹介コードはこちら カスタムオーダー