アンチEVはとりあえずテスラに試乗しろ!

アンチEVはとりあえずテスラに試乗しろ!

こんにちは!元アンチEVのトシです。

今世界の自動車社会は「電動化」への流れが盛んになっており、自動車産業の主要国であるアメリカを筆頭に中国・ヨーロッパ、そして日本までもが電気自動車ブームが巻き起こっています。

どんな流行が起きても必ず現れるのが否定的な意見を発する「アンチ」の存在です。今回はそんな「アンチEV」の方々へEVを理解して頂くためにEVが実際はどんなものなのか紹介します。

アンチEVはとりあえずテスラに試乗しろ!

EVに乗っている人間がいくらEVの良さやメリットを説明しても話を聞いただけ、ブログや記事を読んだだけでは100%伝えることはできません。実際にEV=電気自動車というものに触れてみるのが一番です。

まずはEVの最高峰でもあるテスラに試乗してみてください!試乗ならタダです。1000万円を超える最先端テクノロジーのクルマを運転免許されあればタダで運転することができます。

テスラに乗ると今までの常識が覆る

テスラに乗ると今まで持っていたEVへのイメージが一発で覆ります。圧倒的な低速トルクはガソリン車の比になりません。日本が誇る最速の日本車「日産GT-R」のMAXトルクは637N.mありますが3300~5800rpmの範囲限定です。EVのモーターなら回転が0rpmからMAXトルクが出せます。テスラのモデル3パフォーマンスは636N.mを0rpmから継続して発生させます。言ってしまうと赤信号で停止している状態からMAXトルク出ているようなことになります(停車中は電気を流していないので0N.mです)。

この出だしの良さはアクセルを踏んだ瞬間からわかります。巨大なバッテリーを積んでかなり重量のある車体の重さを感じないのです。アクセルを踏んだ分だけクルマがリニアに前へ進もうとするので、クルマのコントロールが容易に行えます。わかりやすくいうと「クルマを手足のように思い通りにコントロールできる」感覚です。

EVの充電はメリットだ!

アンチEVがEVの一番悪いところとしてあげるのが「充電」です。「充電しないと走らない」「充電には時間がかかる」などデメリットとして挙げられるが、ガソリン車だって給油しないと走れません。「給油は5分だが充電は急速で40分、自宅だと半日~1日かかる」と言われれば全くその通りです。EVは充電に時間がかかります。しかし充電中に「車内でじっと待つ」なんてことはしません。

充電中は基本ご飯休憩や買い物、自宅なら就寝中など「ながら充電」です。イオンなど大型ショッピングモールには充電機がいくつも設置されています。2~3時間の買い物中に充電できたらお得じゃないですか?高速PAなど休憩中に充電できたらお得じゃないですか?

自宅充電も毎日する必要はありません。2~3日に1回で十分走れます。時間の有効活用でEVの充電はメリットへと昇華します。

給油のほうが面倒

Skitterphoto / Pixabay

EVに慣れると「給油しなくていいって楽だな」と思うようになります。猛暑や真冬にわざわざガソリンスタンドに行き、5分ほど外で給油しなくていいのです。対して充電プラグを接続するのにかかる時間はほんの数秒です。あとは勝手に充電されます。

ガソリンが買い物中やご飯休憩中、自宅で就寝中に給油されるなんてことはあり得ません(一部例外あり)。必ずガソリンスタンドに出向き給油します。世の中のスタンドはほとんどセルフ化してしまったので自分で給油して自分で精算しないといけません。

EVのほうが効率がいい

ガソリンは1Lあたり10~20km走行できるのが相場です。ガソリン1Lで充電できる発電できる電気は9.27kwです。テスラのモデルSなら9.27kwで45kmは余裕で走行できます。2トン超えのトヨタ アルファードよりでかい車体、0-100km/hまで2.5秒のスペックをもつクルマがガソリン換算45km/Lです。ハイブリットより圧倒的に効率がいいです。

CO2排出量もガソリンを燃やして動力を得るより電気を得たほうがずっと効率も良く、CO2排出量も少ないので環境にいいです。

効率が良いのは発電所で大規模発電してる時です。エンジンによる発電は直接動力を得るのと大して効率は変わりません。

テスラなら航続距離500kmオーバー

テスラなら航続距離も500kmを超えます。モデルSのロングレンジなら600kmを超えます。500km走行できれば東京から京都まで充電無しでたどり着けます。しかも電気なので格安で移動できます。

そもそも車両価格が高いから電気で格安でも意味ない?

EVは車両価格が高いです。テスラだと最低でも511万円~です。「車両価格が高いから電気代安くても元が取れない」と思われている方も多いかと思います。EVが安いのは電気代だけだはありません。維持費やランニングコストも圧倒的に安いのです。オイルやベルト、点火プラグやエアフィルターなどの交換品は無ければ、税金も安いので購入後はかなりお金の消費を抑えられます。5年もすればガソリン車の総額がEVを上回っています。EVは「長い目」で見て大変お得です。

電気自動車EVの維持費について

電気自動車はランニングコストが安い!2つの理由

私も元はアンチEV

SofiLayla / Pixabay

私も元はEVが嫌いなアンチでした。ですがテスラのモデルSに試乗してアクセルレスポンスの良さや出だしの良さなど、ほとんどの面でガソリン車を超えるスペックを有しており一発で魅了されてしまいました。元EVアンチの私がEV乗りになった4つの理由

そこからEVが好きになり今ではEV信者です。EV信者になったからと言ってガソリン車のアンチになったわけではありません。ガソリン車にもいいところはたくさんあります。今でもガソリン車は好きです。たまに乗ることもあります。

まとめ

いかがでしたか?

EVを知らない方が少しでもEVへの誤解が解ければと思います。

試乗は全国6か所でできます。

  • 東京 南青山 東京都港区南青山2-23-8
  • 東京 ベイ 東京都江東区東雲2丁目7-20(イベント時のみ)
  • 神奈川 ラゾーナ川崎プラザ 神奈川県川崎市幸区堀川町72-1
  • 神奈川 横浜 神奈川県横浜市戸塚区上矢部町995-1(イベント時のみ)
  • 愛知 名古屋 名古屋千種区千種3丁目35-13
  • 大阪 心斎橋 大阪府大阪市中央区南船場4-2-4

試乗は事前に予約が必要です。テスラのホームページから試乗予約ができます。

試乗できるストアが少ないので旅行や遠出など近くを通る際は試乗してみてください。テスラに乗ってアクセル踏んだ瞬間から世界が変わります。

テスラを購入予定の方は、私の紹介コードを使用するとスーパーチャージャー1,500km分の無料特典がもらえます!

紹介コードはこちら カスタムオーダー