テスラ モデルSのスーパーチャージャーでの充電について

テスラ モデルSのスーパーチャージャーでの充電について

 

こんにちは!元EVアンチのEV乗りです。

今回はテスラ モデルSのバッテリー容量が「85kwh」のモデルをテスラ専用急速充電器、

「スーパーチャージャー」で充電したときの充電時間や効率について話したいと思います。

スーパーチャージャーについて

JamesQube / Pixabay

スーパーチャージャーとはテスラ専用の急速充電器で、充電ノズルがテスラ車にしか接続できない形状をしています。

4月25日現在で全国に20ヵ所設置されているスーパーチャージャー。1ヵ所に4~6台分の充電器が設置されています。(六本木のグランドハイアットは2台分)

スーパーチャージャーの充電出力はMax120kwh!日本で流通している急速充電器ではトップの充電速度と電力を誇ります。

コンビニや高速道路のPAに設置されている、日本で一番流通しているチャデモ式急速充電器の充電出力はMax50kwhです。

新型リーフe+用に日産ディーラーに設置されている急速充電器の充電出力はMax90kwh (発熱の関係で実際は70kwhほど)。

いかにスーパーチャージャーがすごいかがわかります。

全国20ヵ所のスーパーチャージャーのうち京都リーガルホテルはアーバンチャージャーという少し小さめのスーパーチャージャーです。

充電出力はMax70kwhです。120kwhに比べたら低めの電力ですが、それでもチャデモ式より強力な充電器です。

 

スーパーチャージャーの充電効率について

 

充電時間 電力 バッテリー 充電時間 電力 バッテリー
0分 115kwh 15% 46分 36kwh 84%
2分 110kwh 21% 48分 34kwh 86%
4分 100kwh 26% 50分 32kwh 87%
6分 95kwh 31% 52分 30kwh 88%
8分 91kwh 36% 54分 28kwh 89%
10分 87kwh 40% 56分 26kwh 90%
12分 83.5kwh 43% 58分 24kwh 91%
14分 79kwh 47% 60分 22wkh 92%
16分 75kwh 50% 62分 20kwh 93%
18分 71kwh 53% 64分 18kwh 94%
20分 67kwh 56% 66分 16kwh 94%
22分 63.5kwh 59% 68分 14kwh 95%
24分 59kwh 61% 70分 12kwh 95%
26分 56.5kwh 63% 72分 10kwh 96%
28分 54kwh 66% 74分 8kwh 96%
30分 52kwh 68% 76分 7kwh 97%
32分 50kwh 70% 78分 6kwh 97%
34分 48kwh 72% 80分 5kwh 98%
36分 46kwh 74% 82分 4kwh 98%
38分 44kwh 76% 84分 4kwh 99%
40分 42kwh 78% 86分 3kwh 99%
42分 40kwh 80% 88分 3kwh 99%
44分 38kwh 82% 90分 0 100%

こちらが実際にスーパーチャージャーで充電したときの充電出力とバッテリー充電率の関係性になります。

バッテリーの充電が進むにつれて出力が落ちていくのがわかります。

こちらがグラフにしたものです。

充電開始からバッテリー80%までは40分とかなり早いスピードで充電できますが、80%~100%はさらに50分かかります。

80%以降はあまり充電効率が良くないので、早々に出発して次の目的地を目指したほうが時間効率が良いです。

 

 

充電は環境やバッテリーの状況によりスピードが変化する

 

kreatikar / Pixabay

 

バッテリーは急速充電が進むにつれて充電電力が低下していきます。

これはバッテリー自体を保護するためで、残りの充電できるバッテリー容量「kwh」に比例して低下していきます。

また、バッテリー内部の温度でも充電スピードは異なります。気温が低い冬場などは、充電スピードが低下します。

バッテリー温度が高すぎても充電スピードは落ちますが、テスラは全車水冷式のバッテリーを搭載しており、バッテリー温度を一定に保ってくれるので問題ありません。

冬場はバッテリー温度が低いため、充電開始から10分ほどは充電出力を制限されてしまいますが、充電によりバッテリー自体が発熱するためしばらくすると充電スピードがもとに戻ります。

バッテリーの残量が20%から充電しても60%から充電を開始しても80%の時の充電出力は40kwhで変わりません。

 

まとめ

 

バッテリー充電が80%以降は時間に対して充電効率がよくありません。

バッテリーの寿命を延命させるためにも長距離移動以外は80%以上の充電はオススメしません。

20分ほどで60%まで充電できるので、急いでいる時は早めに充電をやめて出発することをオススメします。

スーパーチャージャーは、次のスーパーチャージャーまでバッテリー残量60~80%でたどり着ける間隔で設置されているので、満充電まで充電する必要性は低いと言えます。

テスラはスーパーチャージャーを2019年内に設置個所を30ヵ所に増設する予定なので、今よりもっと便利になります。

今後テスラの充電インフラ整備に期待しましょう!